HOME » 安全or危険?知っておくべき白髪染めの染料まとめ » 危険な染料

危険な染料

市販されている白髪染めの中には、染毛力を優先するあまりアレルギー症状を引き起こす危険な成分が使われていることも。このページでは、白髪染めを選ぶときに気をつけたい次の2つの危険な染料について紹介します。

ジアミン系染料

白髪染めに含まれている成分には身体に刺激が強すぎる成分が含まれていることもあります。ジアミンはそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。ジアミンが含まれる白髪染めの危険性について、詳しくご紹介しましょう。

ジアミンアレルギーの危険性とは?

ジアミンアレルギーはパラフェニレンジアミンというジアミン系薬剤の一種が引き起こすアレルギーで、頭皮の痛み、ピリピリするなどの刺激、かぶれ、湿疹、かゆみ、顔の腫れなど、さまざまな症状を引き起こします。

パラフェニレンジアミンはブラックやブラウンなどの濃い色の発色に向いており、強い染毛力が必要とされる白髪染めによく使用される成分ですが、繰り返し使用していると、その分アレルギー反応が起きやすくなります。なぜなら、パラフェニレンジアミンが体内に取り込まれると肝臓で分解でずに蓄積されてゆき、最初は何の症状が起きなくても長期間使用しているとアレルギー反応を起こしやすい体質になってしまうのです。体質的に合わない方の場合は、パッチテストの段階で発疹やかゆみなどを引き起こすケースもあります。また、毒性が体内に蓄積されてしまうため、健常な方ももちろんですが、特に妊娠中の方や子供への使用は絶対に避けなければいけません。

ジアミンアレルギーが発症した場合、アレルギー反応が消えることがないため、ジアミン系薬剤を含む白髪染めの使用を中止するしか方法がないのです。

海外諸国で規制される毒性の強い成分

重度のジアミンアレルギーになるとアナフィラキシーショックと呼ばれる、急性で重度のアレルギー反応を引き起こすこともあります。アナフィラキシーショックを発症してしまった場合、意識障害や呼吸困難などといった重篤な症状を引き起こすことも。また、1990年代には子供の頃からアトピー性皮膚炎を患っていた方が、ジアミン系薬剤を含んだ白髪染めを使用しているうちにぜんそくを発症して死亡した例や、誤飲して死亡してしまったというケースもあります。

海外ではジアミン系薬剤の規制が進められており、フィンランドでは1991年にパラフェニレンジアミンの一般向けの使用が禁止され、EU諸国でも2011年にパラフェニレンジアミンの発がん性が立証されて全面使用禁止となりました。これらの規制の動きを見る限りでも、ジアミン系薬剤の有毒性が認められているのです。

ノンジアミンカラー白髪染めを選ぼう!

このようなジアミン系薬剤を使用した白髪染めやヘアカラーを問題視する声が高まっており、ノンジアミンカラーと呼ばれるジアミン系薬剤を使用しない白髪染めやヘアカラーが注目されています。

白髪染めノンジアミンカラーの代表的なものに「白髪染めトリートメント」があげられますが、ノンジアミンカラーはジアミン系薬剤を使わないため濃い色を発色しにくいという欠点もありました。

しかし、2001年に実施された化粧品規制緩和によって、「塩基性染料」や「HC染料」などの新しい染料を使用できるようになってからはカラーバリエーションも豊富になり、白髪染めトリートメントは安全に使える白髪染めとして広く愛用されるようになりました。

現在でもジアミン系薬剤を使用している白髪染めは一般的に普及していますが、成分表をチェックして「○○ジアミン」などという記載がある商品は使わないようにするのが健康のためです。

白髪染めは普段から頻繁に使うものですから、身体に優しい成分の白髪染めを使いたいものですね。

>>アレルギーの心配が少ない!安全性が高い染料を見る

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

白髪染めの成分表を見ても、どんな影響がある成分なのかわからないことが多いですよね。白髪染めトリートメントに含まれる成分に「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」というものがありますが、これはどのような成分なのでしょうか?

酸化染料の成分に似た分子構造

「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」は多くの白髪染めトリートメントに含まれている成分で、名前からしていかにも怪しそうな化学物質という印象を受けますが、実際のところはアレルギー反応を引き起こす可能性のある物質なのです。

ヘアカラーなどの永久染毛剤には「酸化染料」と呼ばれるジアミン系の成分が多く使われていますが、実はこの4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは「酸化染料の誘導体」なのです。誘導体とは酸化染料ではないけれど、分子構造が酸化染料に似ているもののこと。つまり、酸化染料に含まれる刺激の強い成分に似ているということを意味します。

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは「芳香族アミン」と言い、繊維などに使用される染料の一種。芳香族アミンには多くの種類がありますが、その中には発がん性が認められている「特定芳香族アミン」と呼ばれる24種の成分があり、それらはEU諸国や中国、台湾などで既に規制されている物質です。

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは特定芳香族アミンには分類されておらず、毒性も低く色持ちも良いことから一般的に使用されていますが、無毒ではないということは覚えておいた方が良いでしょう。

毒性は少ないがアレルギーを引き起こすことも

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは酸化染料に比べると毒性は少なく、酸化染料よりは安心して使える染料です。しかし、天然染料に比べると刺激は強く、今まで天然染料を使っていた方が4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールを含む染料を使用すると、刺激を感じることもあります。

もともとジアミン系の物質に似た分子構造であることから、皮膚のかぶれ、痛み、かゆみ、湿疹などアレルギー反応を引き起こしたとしても不思議ではありませんし、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性もないとは言えないのが現状です。ジアミン系薬剤を使用してアレルギー反応が起きた時と同様、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールを含んだ白髪染めを使用していて何らかのアレルギー反応が起きた場合は、この成分を含んだ白髪染めは二度と使わないようにしないといけません。

できれば使いたくない成分。使うなら必ずパッチテストを!

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは化粧品としての使用が許可されている成分ですが、許可されていることと有毒な成分であることとは別の話です。できれば使用は避けておきたいところですが、どうしても使いたい場合は必ずパッチテストを行った上で使用するようにしてください。

ただし、気を付けておきたいのは、最初は何のトラブルがなくても、繰り返し使用しているうちにアレルギー反応を引き起こすこともあるということです。ジアミン系に似た特性を持ち、毒性が無いと言える成分ではありませんので、体内に蓄積される可能性もあり、体内で毒性を分解するときに肝臓に負担がかかることも。

できるだけ色持ち良く、しっかりと染めたいという思いは誰にもありますが、それと引き換えに健康を害する可能性がある成分は、身体に使わないようにしたいものですね。

ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールが使われている白髪染めヘアトリートメント

>>毒性が見られない、安全性の高い染料を見る

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?