よく染まる白髪染めはどれ?ヘアカラー徹底分析ラボ
サイトマップ
HOME » 安全or危険?知っておくべき白髪染めの染料まとめ » 安全な染料

安全な染料

白髪染めは身体の一部に使用するものですから、できる限り安全で安心して使用できる成分を選びたいものです。ここでは、安全性が高いと言われている次の3つの染料についてご紹介します。

塩基性染料

髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。

塩基性染料とは

塩基性染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和によって使用できるようになった染料であり、「半永久染毛剤」という化粧品に分類されています。白髪染めなどの成分表に「塩基性青99、塩基性茶16」など「塩基性○○」と表記されているものは、塩基性染料が使用されている商品です。

染料には大きく分けて「合成染料」と「天然染料」に分かれますが、塩基性染料は合成染料に分類されます
合成染料と聞くと髪へのダメージが大きい印象を持ってしまいがちですが、塩基性染料は医薬部外品に分類される「永久染毛剤」のように髪に浸透した薬剤の化学反応によって発色するのではなく、髪に浸透せずに髪の表面で発色するのが特徴です。

塩基性染料が安全な理由

塩基性染料が髪に浸透せずに発色する秘密は「イオン結合」という現象にあります。

イオン結合とは塩基性染料が持っている+イオンと、髪の表面にあるケラチンタンパク質の-イオンが静電気的な反応によって定着する現象のこと。従来の染料のように髪のキューティクルをこじ開けて染料を浸透させるのではなく、髪の表面に吸着するので、髪に与えるダメージを抑えながら染めることができるのです。

また、塩基性染料には皮膚に付いてしまっても染料が皮膚に付きにくい性質を持っているため、地肌へのダメージも少なく、安全に使用することができるのも特徴。白髪染めしたいけれど、髪や地肌へのダメージが気になる方にとってオススメの染料です。

さらに塩基性染料のもう一つの特徴としてはトリートメント成分との相性が良いという点。高いトリートメント効果をもつ成分と配合した白髪染めを使うことにより、髪のうるおいとツヤを保ちながら美しく染め上げることができるのです。

このように塩基性染料は、髪や地肌に優しく安全な染料として、手軽に使用することができる成分であると言えます。

長く使うものだから安全で安心できる成分を!

塩基性染料は髪や地肌へのダメージも少なく、安全に使うことができるというメリットがありますが、その反面、何度も使用しないと色が染まりにくいというデメリットも。また、染まった後の色持ちする期間も少なく、平均すると約2~3週間で色落ちしてしまう傾向があります。

色持ちの良さに関しては永久染毛剤には及びませんが、永久染毛剤は色持ちが良いぶん髪や地肌へのダメージが大きいのが特徴。特に白髪染めは長期間使用し続ける染料ですので、髪と地肌への影響を考えると健康的に良い成分であるとは言えません。

長く使用するものだからこそ、髪と地肌に優しく、安全で安心して使える成分を選びましょう。

塩基性染料が使われている白髪染めヘアトリートメント

HC染料

白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分が「HC染料」です。このHC染料には、どのような特徴があるのでしょうか。

髪に優しいHC染料

HC染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和により白髪染めなどに使用できるようになった染料の1つで、「半永久染毛剤」という化粧品に分類される染料です。

HCとはHair Colorの略称で、白髪染めなどの成分表には「HC黄2、HC青2」など「HC○○」と表記されているものはHC染料が使用されている商品です。
HC染料の特徴は何と言っても髪に優しい染料であるという点。髪や地肌へのダメージが少なく、白髪染めを使う時の刺激が気になるという方でも、安心して使用することができる成分です。

HC染料が髪に優しい理由

医薬部外品である「永久染毛剤」を使用した白髪染めの場合、髪の表面にあるキューティクルを化学反応によってこじ開けて、その隙間から染料を髪の毛に浸透させて発色させます。無理矢理キューティクルを開いて染めるわけですから髪へのダメージは大きく、地肌への刺激も強くなってしまうのです。

HC染料の最大の特徴は、成分の分子が小さい点。分子が小さいため永久染毛剤のようにキューティクルを無理に開く必要がなく、キューティクルの隙間から染料が浸透して着色することにより、髪を傷めるとことなく染めることができるのです。

さらにHC染料は刺激の少ない中性で安全性も高く、地肌に付きにくいという特徴もあり、髪だけでなく地肌にも優しい染料であると言えます。

髪や皮膚が弱い方にはオススメの成分!

HC染料は分子が小さく、髪を傷めることなく染料が浸透するというメリットがありますが、分子結合力が弱いために染料が流出しやすく、色持ちが短いというデメリットも。
HC染料だけだと頻繁に白髪染めをして色落ちを防ぐ必要がありますが、HC染料に加えて塩基性染料を配合することで色持ちを長持ちさせる効果があり、現在ほとんどの白髪染めトリートメントではこの2つの成分が配合されています。
HC染料がキューティクルの隙間から浸透して発色し、塩基性染料が髪の表面で発色することでさまざまなカラーバリエーションを可能とし、色持ちを保つ効果があるのです。

それでも色持ちする期間は平均すると約2~3週間と言われていますので、強い洗浄力を持つシャンプーの使用を控え、キューティクル保護成分を含んだカラーリング用シャンプーなどを使用して、できるだけ色持ちを長くすると良いでしょう。

HC染料は髪と地肌に優しく、自然な染め上がりが特徴。普段から髪が傷んで困っている方や、皮膚が弱くてかぶれてしまいやすい方、白髪染めの刺激臭が苦手な方にはオススメの成分です。

HC染料が使われている白髪染めヘアトリートメント

天然染料

身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴についてご紹介します。

ヘナやクチナシなどの天然染料の特徴とは

インディゴやウコンなど、天然染料に使われる原料はさまざまですが、その中でもヘナやクチナシは有名です。ヘナはインドの伝承医学であるアーユルヴェーダでは薬草として使用されているミソハギ科の植物。ヘナに含まれている「ローソニア」という色素が髪のタンパク質に付着することにより髪がオレンジ色に染まります。

クチナシは漢方薬の原料としても有名なアカネ科の植物で、白髪染めトリートメントの原料に広く使われている天然染料。
染料としてのクチナシの色は黄色ですが、クチナシの果実である山梔子(さんしし)からは青色の染料を抽出することができます。白髪染めの染料は複数の色を組み合わせて色を作るので、1つの天然染料から複数の染料を抽出できる点が染料として広く使われている理由だと言えます。

髪と地肌に優しい天然染料

天然染料の特徴は、やはり髪と地肌に優しいということ。アーユルヴェーダや漢方などの医療目的で使用される成分であることから、髪へのダメージや地肌のかぶれなどはほとんどありません。

また、ヘアカラーなどの「永久染毛剤」のように化学的な方法で染めませんので、自然な感じの髪に染め上げることができ、一度しっかり染めるとほとんど色落ちしないという特徴もあります。

もうひとつの特徴として、ほとんどの天然染料にはトリートメント効果があるという点があげられます。天然成分が傷んだ髪の内部に浸透して髪の表面をコーティングし、髪にハリやコシを与える効果も。さらにヘナなどの殺菌効果を持つ天然染料を使用することで、頭皮を清潔な環境に保って抜け毛予防の効果もあります。

手間や時間はかかるが優しさを優先!

天然染料を使う時に気になるのは、その放置時間の長さです。商品にもよりますが、染める準備も含めると最低でも30分以上、しっかりと染料を髪に浸透させたい場合は1~3時間程かかる商品も。これに加えて、粉末の染料の場合はお湯に溶かすなどの準備も必要で、何かと手間がかかるものもあります。

また、天然染料の場合は原材料によって植物の臭いが強く、染めた後も数日は臭いが残るものもあり、あらかじめどのような臭いがするかを確認しておいた方が良いでしょう。

ヘナなどの天然染料を使う上で気を付けたいのは、「100%天然染料」と「化学合成染料+天然染料」の2種類の商品があるという点。「植物由来の天然成分」というキャッチコピーがついている商品でも、化学合成染料を含んでいる場合は髪や地肌に刺激が強い場合もありますので注意が必要です。

ヘナなどの天然染料を使うには準備なども含めると手間や時間がかかりますが、何よりも髪と地肌に優しいという点が最大の魅力。とにかく髪にダメージを与えたくない方や、敏感肌で悩んでいる方にはオススメです。

天然染料が使われている白髪染めヘアトリートメント

安全でよく染まる白髪染めトリートメントをランキング!>>

白髪染めの天然染料を詳しく解説

白髪染めには興味があるけれど、敏感肌や痛みが気になるという方におすすめの成分が「天然染料」です。天然染料はさまざまな種類があります。一体どのようにして作られているのでしょうか。

ヘナ

ヘナとは
ヘナはインドや北アフリカなどの乾燥した熱帯地域に生息するミソハギ科の植物です。標高が高く、水はけのよい環境で育ちます。
日本では「指甲花(しこうか)」「ツマクレナイノキ」と呼ばれているヘナは、インドでは昔から伝承医学のアーユルヴェーダに用いられていました。
ヘナの葉には赤とオレンジの色素が含まれており、「ローソン」と呼ばれています。ローソンの特徴はたんぱく質の分子と結びつくこと。その特徴を活かし、乾燥させた葉を粉にして水で溶いたものが髪や手足などへの染料に使用されていました。クレオパトラもマニキュアの代わりにして爪を染めていたと言われています。
ヘナには抗菌作用もあるので、皮膚病や火傷の治療薬としても重宝されていたそうです。

ヘナの効果
ヘナにはたんぱく質を補修する効果があります。毛髪のダメージを補修し、保水力をアップ。毛髪だけでなく頭皮にも優しく、毛穴の汚れを落としたり、頭皮に潤いをもたらしたりする効果が期待できます。
インドの伝統的な医術アーユルヴェーダでも使用されていた薬草なので、髪にハリとツヤを生み出して頭皮を健康にしてくれるといってもいいでしょう。
さらに、ヘナはどんな髪質や髪の悩みにも効果を発揮。細くてコシがない髪をボリュームアップしてくれます。太くてゴワゴワした髪はまとまりやすくして、乾燥でパサパサした髪には潤いを与える効果があるのです。

ヘナのメリット
ヘナは頭皮や髪に優しい染料です。アルカリ性の薬剤を使用しないため、頭皮や髪をほとんど傷めません。「髪を染めたいけど、薬品を使った染料のアレルギーが怖い」という方におすすめです。
今まで化学染料を使って髪を染めていた、という方でもすぐに乗り換えて使用できるのがヘナ良いところ。脱色効果がないヘナは、黒髪はそのままで白髪だけを染めます。
天然のトリートメント効果があるのもメリットの一つ。髪の表面をコーティングするので、紫外線から髪を守ることができます。

ベニバナ

ベニバナとは
ベニバナはキク科の植物です。日本へは染料として、4~5世紀ごろに地中海沿岸や西アジアから渡ってきました。日本でも古くから口紅や染料に使われていたので、名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ベニバナ自体の色は黄色なのですが、摘み取ってすぐに水にさらし、乾燥する作業を繰り返すことで紅色へと変化します。その色は「ベニバナ赤」と呼ばれますが、この呼び方以外にもフラボノイド色素・紅花色素などという呼び方をすることもあるようです。

ベニバナの効果
ベニバナは主に髪を染める染料として染髪料に配合されています。髪の内部までは染めず、表面をコーティングするように染めるのが特徴。そのため、発色自体はあまり強くありません。ベニバナ単品よりも複数の染料と混ぜて使うのが一般的です。

ベニバナのメリット
ベニバナは、繰り返し染めることが多い白髪染めの負担を抑える効果が期待できます。
化学染料よりは色のつき方が薄いものの、仕上がりは自然な染め上がりに。日にさらされても色褪せがほとんどなく、色持ちがいいのもメリットの一つです。
髪質が変わることはほとんどなく、髪の毛も傷みません。素手で扱えるほどの低刺激なので、敏感肌の方でも使える染料です。

グアイアズレン

グアイアズレンとは
グアイアズレンはハマビシ科のユソウボクという樹木から採取できるグアイアオールという精油を生成して作られる成分です。色は独特な濃紺で、軟質サンゴの主要な色素ともいわれています。

グアイアズレンの効果
炎症を鎮める効果があり、口内炎や皮膚炎の抗炎症薬としても使われているグアイアズレン。紫外線を吸収する作用も持っているので、日焼け止めに配合されていることもあります。

グアイアズレンのメリット
独特な濃紺の発色のため、単体で使用されることはほとんどありません。しかし消炎作用や紫外線を吸収する作用を活かして頭皮や髪に優しい染料を作り出すことができます。

クチナシ

クチナシとは
クチナシはアカネ科の木で、果実は漢方薬として使用されています。東アジアを中心に栽培が盛んで、日本では静岡県で栽培されているとのこと。
乾燥させた果実は黄色い染料を取り出すことができ、昔から天然の染料として重宝されてきました。たくあんの黄色い色もクチナシの果実で染められたものです。

クチナシの効果
漢方の材料としても有名なクチナシは、果実を乾燥させると黄色い染料を取り出すことができます。また、実を発酵させると青色へと変色。つまり赤・青・黄色の色材の三原色のうち青と黄色を作り出すことが可能なのです。
白髪染めのほとんどは単色で行うものではないので、2色を生み出せるクチナシは染料として重宝されています。

クチナシのメリット
黄色と青色の2色を作ることができるのは大きなメリットといえるでしょう。
またクチナシを含む天然染料は、さまざまな植物から採ることができます。しかし熱に弱かったりpH値が問題で髪に使うことができなかったりする染料も多いのです。クチナシの染料は安定性があるので、自然の染髪料として使われています。
植物由来なので染める回数が多くてもダメージを与えることがあまりありません。染料による髪のダメージに不安を抱いている人にもおすすめの染料といえるのではないでしょうか。

シコン

シコンとは
シコンはムラサキ科のムラサキの根で、漢字では「紫根」と書きます。日本北部の山野で自生している植物です。皮膚の疾患や傷薬の外用薬として扱われていました。
中国では昔から漢方として重宝され、主に皮膚病の薬として使用されています。ベニバナ染め、藍染めに並ぶ日本三大色素の一つで、色はその名のとおり紫色。万葉集の中にもシコンの名前が登場するほど、日本では古くから馴染みのある成分といえるでしょう。

シコンの効果
国内外で古くから皮膚疾患や火傷などの外用薬として重宝されてきたシコンは、頭皮の代謝促進や炎症を抑える効果が期待できるでしょう。
近年では肌の活性化を促進する効果や紫外線を防ぐ効果も確認されています。それだけでなく、殺菌や保湿効果も。これほどの効果を持つ成分はなかなかありません。まさに白髪染めにうってつけの成分といえるでしょう。

シコンのメリット
漢方薬として使用されていた成分なので、安全性が高いといえるでしょう。古くから皮膚の外用薬に使用されてきているため、敏感肌の方も使用できます。

アナトー

アナトーとは
アナトーはベニノキ科のベニノキの種から採れる色素です。よく「水溶性アナトー」「アンナット」とも呼ばれます。ベニノキの原産はブラジルやベネズエラなどの熱帯アメリカの地域。現在ではアメリカの熱帯・亜熱帯地方が栽培元になっています。種から採りだせる色は赤や黄色です。
アナトーはもともと水に溶けにくいため、アルカリで抽出して水溶性にされます。これが水溶性アナトーです。
アナトーは化粧やボディペインティングの原料のほか、ソースやチーズなどの食用色素としても利用されています。色が染まりやすく、菌への耐性が高いのも重宝されている理由の一つです。

アナトーの効果
アナトーは食品添加物の一種なので、口から摂取可能。毒性もないので、化粧品やヘアケア製品の色素として幅広く使用されています。
ヘアカラーでは髪の中心まで浸透しません。定着はせずにだんだんと色落ちしていきます。

アナトーのメリット
アナトーは食品添加物として使用されるほど毒性がない成分なので、頭皮にも安心して使用できるところが最大のメリットでしょう。髪をムラがなく染められるので、失敗もありません。

ウコン

ウコンとは
ウコンは健康ドリンクや二日酔い対策のドリンク配合しているショウガ科の植物で、最近では無添加白髪染めに含まれている天然の染料の1つです。
南アジアを中心にアフリカや中南米などの熱帯から亜熱帯地域に分布しています。日本では沖縄をメインに栽培しており、昔から衣服の染料や生薬として用いられている成分です。

ウコンの効果
ウコンには、クルクミンという黄色の色素成分が含まれています。天然の染料で低刺激なので、ウコンを利用した白髪染めだと髪の毛が痛まずに素手を使って染めることができます。そのためムラなく染めることが可能。
髪の毛の表面だけを染めるので、一般的な白髪染めと比べると着色力が少し弱いのですが、そのぶん自然な仕上がりになるのが特徴です。
肝機能にも効果的な素材として有名なウコン。さまざまな病気の改善・解消・予防に役立ちます。ウコンの主成分であるクルクミンには抗炎症・抗菌・保湿作用があるため、頭皮ケアの効果も期待大です。肌荒れの防止にも効果的なので、スキンケア製品としても注目されています。

ウコンのメリット
ウコンは長年食用として用いられているため、安全性の高い染料成分だといえるでしょう。カレーやたくあんなどの食品を黄色に着色しているのは、ウコンが持つ染料作用によるものです。シャンプーにも含まれていることがあり、育毛効果も期待できますよ。

塩基性染料、HC染料、天然染料の違いは?

現在販売されている白髪染めのほとんどが塩基性染料・HC染料・天然染料を組み合わせて作られています。商品によってはどれかが欠けることもあるのですが、ベースはほとんど変わりません。それは3つの染料それぞれのメリット・デメリットをうまく組み合わせているためともいえます。

色素が浸透する場所に違いがある
塩基性染料は分子が大きいため髪の内側まで浸透せず、表面に付着して色をつけます。対してHC染料はキューティクルの隙間から浸透するので、塩基性染料より内側まで染めることが可能です。
天然染料だけでは白髪を染める効果を発揮しづらいので、発色の良さを望む場合はほかの染料を組み合わせる必要があります。

色数と風合いで分かれる染料の役割
HC染料は色数が多いものの色が定着できる期間が2週間ほどとあまり長持ちしません。対して塩基性染料は色数が少ないものの、しっかりと染色できます。
髪の表面のみしか染められませんが、ダメージが大きいほど強く染めることができるので、色数が多いHC染料と併せて多くの色を作ることが多いようです。
天然染料は色数よりも色の深みが重視されます。そのため、色だけでカバーできない風合いを天然染料でカバーすることが多いようです。

それぞれにメリット・デメリットがあります。髪への浸透具合で選ぶか、色数で選ぶかなど、求めるものでどの染料を使うかが変わってくるでしょう。希望とそれぞれの染料の特徴を見比べて使い分けてみてください。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2017年8月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。