HOME » 安全or危険?知っておくべき白髪染めの染料まとめ

安全or危険?知っておくべき白髪染めの染料まとめ

白髪染めトリートメントは身体に直接使用するもの。できるだけ髪や地肌に刺激の少ない商品を使いたいものです。特に髪が傷みやすい方や、肌が弱く敏感な方にとっては、慎重に選ばないと髪や地肌のトラブルが起きてしまうことも。そうならないためにも、安全、安心して使用できる白髪染めトリートメントの成分と、避けたい成分についてご紹介します。

安全なイメージ

安全な染料と危険な染料をチェック!

安全な染料とは?

安心して使える「塩基性染料」

塩基性染料は合成染料でありながら、刺激も少なく髪に優しい染料。安全性が高く安心して使えることから、ほとんどの白髪染めトリートメントで使われているメジャーな染料です。塩基性染料の高い安全性には、どのような秘密が隠されているのでしょうか。

>>塩基性染料について詳しく

髪に優しく自然な仕上がりの「HC染料」

HC染料は塩基性染料とともにほとんどの白髪染めトリートメントで使用されている染料です。ヘアカラーのように化学反応によって髪を染めるのではなく、髪を傷めることなく自然な染め上がりができる点。HC染料が髪に優しい理由とはいったい何なのでしょうか。

>>HC染料について詳しく

地肌に優しい「天然染料・ヘナ」

天然染料と言えばヘナが有名ですが、他にもクチナシやインディゴ、ウコンなどがあげられます。天然染料の最大の特徴は天然ならではの優しさ。インドや中国などでは医療にも使われる、植物性の天然染料を使った白髪染めにはどのような特徴があるのでしょうか。

>>天然染料について詳しく 

危険な染料とは?

「ジアミン系」は毒性の高い危険な成分!

ヘアカラーなどの永久染料剤に含まれるジアミン系の薬剤。日本では白髪染めにも広く使われていますが、海外ではその毒性や発がん性が問題視され規制されている成分です。命に危険を及ぼす可能性もあるジアミン系とは、どのような成分なのでしょうか。

>>ジアミン系染料について詳しく

「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」は安全?

白髪染めトリートメントにも多く含まれる4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールという成分。実はこの成分、毒性こそ少ないのですが、とても安全とは言えない成分なのです。できれば使わない方が良いのですが、それはどのような理由で安全とは言えないのでしょうか。

>>4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールについて詳しく

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?