よく染まる白髪染めはどれ?ヘアカラー徹底分析ラボ
サイトマップ
HOME » キレイに仕上げるには?白髪染めのコツ

キレイに仕上げるには?白髪染めのコツ

誰でもきれいに染められる、白髪染めのコツをまとめました。

自宅でもキレイに染まる!白髪染めのコツを紹介!

自宅でもキレイに染まる!白髪染めのコツを紹介!

白髪染めは綺麗に染めたいものです。慣れないうちはうまく染まらないこともあるかも知れませんが、商品の特徴や染める時のコツ、そして自分の顔立ちや白髪の量に合わせた白髪染めのポイントをおさえることで、誰もが上手に染めることができるのです。

白髪染めするにあたって、知っておきたいノウハウを紹介しましょう。

どんな種類の白髪染めを選べばいいの?

最近白髪が増えてきたから白髪染めを買いたいなと思った方。 実際に店頭に行くとあまりの種類の多さに戸惑ったのではないでしょうか? 仕上がりの色や風合いだけでなく、薬剤の形状や注意点、使用方法なども大きく異なります。

それぞれの種類がどんな特徴を持っているのか、総合的に判断してどんな種類を選べばよいのか? 大まかに言って白髪染めには「2液混合・1液タイプ」「泡タイプ」「シャンプータイプ」「トリートメントタイプ」「スプレー、マスカラタイプ」があります。

2液混合・1液タイプは1回の毛染めで色が定着するメリットがありますが、毛髪や地肌に対するダメージが大きいというデメリットがあります。 泡タイプは好きな部分を手軽に染められるというメリットがあるのですが、基本的に2液混合・1液タイプの薬剤を泡にしただけのため、毛髪や地肌へのダメージが大きいことには変わりません。

シャンプータイプはシャンプーを白髪染めにすることで染色できるというメリットがありますが、色染め力が弱く、普段から使い続けて少しずつ染色しなければなりません。 スプレータイプは簡単に染められるものの一時的なものなので洗ったらすぐに落ちてしまいます。

総合的に評価すると、それなりの色染め力を持ちながら毛髪や地肌をいたわることのできるトリートメントタイプがおすすめです

>>どんな種類の白髪染めを選べばいいの?

自宅でも上手に染めるコツは?

白髪染めを買ったけれども、美容室でプロに染めてもらうのと比べるとうまく染められないんじゃないかと不安に思われる方も多くいらっしゃるでしょう。 また、実際に染めてみたけど色むらが出てしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ色むらなどが起こってしまうのか、それを起こさずきれいに染めるためにはどうしたらよいのか、上手に染めるためのコツを解説します。 髪が濡れていると水が混ざりすぎて染まりにくくなってしまいます。髪はシャンプー後、適度に乾かした状態、あるいはシャンプー前に染色しましょう。

そして重要なのは髪をゴムやピンなどでブロック分けすること。白髪染めはヘアカラーと違い頭皮に付きにくいという特徴があります。生え際は染めるのが難しい部分です。髪を分けたら塗り残しがないようにすることが大切です。

そして塗布後は規定時間よりも長めに、カバーなどを装着して染み込ませます。塗りむらをなくし、時間をかけて浸透させれば色むらのない白髪染めができます。

>>自宅でも上手に染めるコツは?

白髪染めにはどんな色を選べばいいの?

一口に白髪染めといってもさまざまな色がありますよね。しっかり黒い暗めの色もあれば、ブラウン系の明るい色もあります。では、それぞれどんな色を選べばよいのでしょうか? せっかくの白髪染めですから染めた後イメージと違っていた、ということがないように色の選び方についてご紹介します。

まず重要なのは、顔の形、瞳と肌の色です。 顔の形が丸目な方は明るい色、シャープな方は暗めな色がおすすめです。 また瞳や肌の色が薄い方は明るい色、濃い目の方は暗めな色がよいでしょう。 全体の調和が崩れると違和感の原因になってしまいます。

白髪が少ない方は染めた後が暗めになりますので明るめの色、白髪が多い方は白髪染めとほぼ同じような色に仕上がりますので暗めの色がよいようです。 さらに、髪質が太く硬い方は染まりにくく、染めた色よりも暗めになってしまいます。

細く柔らかい方は染まりやすいので、染めた色に近い色に染まるでしょう。 暗い色から明るい色に染めることは難しいので、迷ってしまう方はまずは明るめの色から始めてみてはどうでしょうか。

>>白髪染めにはどんな色を選べばいいの?

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2017年8月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。