HOME » 賢い白髪染めの選び方 6つのポイント » 使いやすい

使いやすい

白髪染めを選ぶにあたって、使いやすさはとても重要。初心者にも自宅で手軽に使える白髪染めを選びたいところです。ここでは初心者でも使いやすい白髪染めトリートメントの特徴についてご紹介します。

面倒な準備が不要!初心者でも使いやすい白髪染め

ヘアカラータイプの白髪染めは、染める時に染料が飛び散らないように壁や床に新聞紙をセットしたり、手袋やケープを装備して染料を混ぜあわせたりと何かと準備が大変です。

それに比べると、白髪染めトリートメントは初心者でも自宅で手軽に使える、とても使いやすい白髪染めだと言えます。基本的に入浴時に使用するものですので、白髪染めヘアカラーのような面倒な準備はほとんど必要ありません。効果を最大限に引き出したいならば、準備しておいた方が良いアイテムもありますが、何の準備もなく使うことも可能です。普段のトリートメントと同じように使うことができるという点が、初心者でも使いやすい白髪染めトリートメントの最大の特徴なのです。

染料が水溶性なので色移りしにくい

白髪染めトリートメントには髪を洗う前に使用するタイプと、髪を洗った後に使用するタイプの2種類のタイプがあります。もし、髪を洗う前に使用するタイプで、浴室以外の場所で使用する場合は、ヘアカラータイプと同様、染料が壁や衣服に飛び散らないように、新聞紙やケープなどの準備が必要になります。

しかし、浴室で使用するのであればこのような準備は不要。白髪染めトリートメントの主要な成分である塩基性染料とHC染料は水溶性ですので、使う時に身体や浴室を濡らしておけば洗い流しやすいという特徴があります。

ただし、浴室の壁や浴槽に付いた染料がついてしまった場合は、放っておかずにすぐに洗い流すようにしてください。放っておいても浴室用洗剤で洗い流すことはできますが、製品によっては色移りして取れにくくなることも。身体に付いた場合も同様で、肌に付いた染料はすぐに石鹸などで洗えば落ちますが、放っておくと色移りして落ちにくくなることも。色移りしても自然に色は落ちるので安心なのですが、色が落ちるまでに時間がかかることもあります。

最大限の効果を引き出すアイテムを準備しておこう!

白髪染めトリートメントを使う時には、手袋を準備しておくことをオススメします。肌についた染料は石鹸で洗い流せばすぐにおちますが、あまり手肌に染料を付けたくないのであれば、手袋を付けて染めると良いでしょう。また、ヘアーキャップもできれば準備しておきたいアイテムのひとつ。白髪染めトリートメントは染めた後に10分ほど放置しておく必要がありますが、放置する時にヘアーキャップを使うことで成分を髪に浸透させる効果がアップし、染め上がりがグンと良くなります。使ってもなかなか染まらないかな…と不安な方は、ぜひ準備しておきたいアイテムです。最後に、初心者の方で上手に染めることができるか不安な方は、コームやブラシを準備しておくと良いでしょう。染める時にコームなどを使うことによって、染めムラなく綺麗に染めることができます。

白髪染めトリートメントは自宅にいながら手軽に染めることができる、初心者にもオススメの使いやすい白髪染めです。これまでトリートメントタイプの白髪染めを使ったことがないという方も、一度使ってみることをオススメします。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?