HOME » 賢い白髪染めの選び方 6つのポイント » かゆくならない・かぶれない白髪染め

かゆくならない・かぶれない白髪染め

白髪染めは刺激が少なく、お肌に優しいということが大切。身体に使うものですから痒くならない、かぶれない白髪染めを選んで安心して使いたいですよね。ここでは安心して使える白髪染めトリートメント選びのポイントについてご紹介します。

白髪染めでかぶれてしまう原因は?

白髪染めでかぶれてしまう大きな原因は、市販の白髪染めの多くに染料として使われるパラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなどの成分です。

俗に「ジアミン系」といわれるこれらの酸化染料は、酸化すると黒く発色する特性があるため白髪を染めるのに適しており、色持ちも良いというメリットがあります。しかし、発色が良くしっかり染められるぶん、アレルギーを引き起こす可能性がある刺激の強い成分が含まれています。初めて染めた時は大丈夫でも、繰り返し使用するうちに抗原ができてアレルギー反応が起きるケースもあるので、注意が必要です。

アレルギーの症状は、頭皮の痒みやかぶれ、湿疹、頭痛、顔の腫れなど、人によってさまざま。アレルギー反応が出たにもかかわらず使用し続けると、症状が悪化し、最悪の場合命にかかわる危険性があります。一度アレルギーを発症してしまうと、同様の成分を含む白髪染めは使用できませんので注意してください。酸化染料が含まれている白髪染めを使用していて違和感を感じたら、すぐに使用を中止し、医師の診断を受けましょう

以上のように、皮膚のトラブルやアレルギーを避けるためには、実際に使用する前に成分を調べて、かぶれない白髪染めを選ぶことが大切です。

念には念を入れて安心できる白髪染め選びを!

痒くならない、かぶれない白髪染めを選ぶことは大切です。特に敏感肌の方にとっては重要で、痒みやかぶれが怖くて白髪染めをすることをためらう方もおられます。痒みやかぶれは白髪染めの成分が引き起こす、身体のアレルギー反応です。最初はアレルギー反応が起きなくても、長く使っているうちにアレルギー反応が起きる方もおられますので、ぜったいにかぶれない白髪染めとは言い切れません。

痒みの症状でも、白髪染めを使うことで一時的な蒸れが発生し、その蒸れによって痒みを感じている程度であれば特に問題はありません。しかし、しばらくしても痒みがなくならない場合はアレルギー反応が起きている可能性があります。

かぶれの症状としては、皮膚が赤みを帯びる程度のかぶれから、頭皮が腫れあがってしまう症状までさまざま。頭皮だけでなく、染料が付いた皮膚がかぶれてしまうというケースもあります。

基本的にトリートメントタイプの製品はかぶれない白髪染めが多く、髪や地肌への刺激も少なく、安心して使うことができます。しかし製品によっては比較的刺激が強い成分を含んでいるものもあるので、念には念を入れて、より安心して使えるかぶれない白髪染めを選びたいものです。

白髪染めトリートメントでも注意したい成分とは?

痒くならない、かぶれない白髪染めを選ぶならば、ヘアトリートメントタイプの製品がおススメです。しかし、白髪染めトリートメントに含まれている「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」という成分は、染毛力が強く、分子構造が毒性の高いジアミン系薬剤と似ており、刺激もやや強めなのが特徴。使う人によっては痒くなったりかぶれたりというケースもありますので、成分表をチェックして避けるようにしましょう。

また、安心して使える成分としては天然由来の植物性成分が挙げられますが、天然由来だからと言って絶対に痒くならない、かぶれない白髪染めとは限りません。非常に稀なケースですが、体質によっては100%天然成分の白髪染めトリートメントを使って、痒みやかぶれの症状が出たというケースもあるのです。

必ずパッチテストで安全性の確認を!

白髪染めトリートメントは安全性が高くかぶれない白髪染めですが、念のため初めて使う製品の場合は、必ずパッチテストをするようにしてください。白髪染めでオシャレを楽しみたいのに、使ったことによって健康を害してしまうのはとても残念なことです。必ずパッチテストで自分の体質に合う製品かどうかをチェックして、安全性を確認できたうえで使うことを強くオススメします。

そして万一、白髪染めトリートメントを使用して痒みやかぶれが出た場合は、すぐに使用を中止して皮膚科医の診察を受けるようにしてください。我慢して放っておくと、だんだん症状がひどくなるということもあり得ますので、「ちょっと痛みを感じるけど、これくらいなら我慢できるかな」などと思わず、できるだけ早めに診察をうけるようにしましょう。診察をうける時には、使っていた製品を持って行けば話が伝わりやすくなります。次に白髪染めする時のために、どの成分に問題がありそうかを聞いておけば、より安全な白髪染めトリートメントを選ぶことができます。

白髪染めトリートメントは長く使っていくものですから、自分の身体に合った、安心して使える製品を選ぶようにしましょうね。

製品情報をしっかり確認しましょう

白髪染めトリートメントの材料は主に薬剤であるため、どうしても痒みやかぶれが起こる場合があります。ですが、あの時の黒髪を取り戻したいという方は少なくないはず。

痒くならない、かぶれない白髪染めを選ぶ基準のひとつは、染料の選択。塩基性染料のもの、HC染料のもの、天然染料のものが安全性の高い染料だといわれています。髪だけでなく地肌にも刺激が少なく、安心・安全を考えて作られている製品が多いです。痒くならない、かぶれない白髪染めを探している方は注目してみてくださいね。

近頃は髪や肌に優しい美容成分が配合されたものがあります。合成香料や石油系成分、防腐剤パラベンなどが入っていない無添加の製品は、痒くならず、かぶれない白髪染めとして、効果が期待できますね。また、医師が監修して作られた製品もありますので、痒みやかぶれへの効果を発揮してもらえそうです。

>>実験で検証!肌への刺激が少ない白髪染めはどれ?結果は…

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?