HOME » こんな場合はどうする?白髪染めの選び方Q&A » 市販の白髪染めと、美容室の白髪染めとは何が違うの?

市販の白髪染めと、美容室の白髪染めとは何が違うの?

白髪染めをするとき、市販の商品と美容院、どちらを選ぶかで悩む人は少なくないのではないでしょうか。ここでは、市販の商品で行う白髪染めと美容院で行われる白髪染めに、どのような違いがあるのかをまとめてみました。

まず知っておきたい市販の白髪染めの種類

市販の白髪染めと美容院を比べる前に、まずは白髪染めの種類について簡単に紹介します。
以下の通り、白髪染めにはいくつかの種類があります。

ヘアカラー

  • 酸化染毛剤とも言われる、もっとも染める力の強い白髪染め。
  • アレルギーのリスクが付きまとうため、パッチテストは欠かせない。
  • 効果の持続時間は2ヶ月前後。

ヘアカラートリートメント

  • 頭皮や髪への負担が小さい、低刺激の白髪染め。
  • パッチテストもほとんどの場合不要。
  • その名の通り、トリートメントとして使っている内に髪が染まっていくタイプが主流で、手軽かつ髪や頭皮への負担が小さいのが魅力。
  • 効果の持続時間は2週間前後。

ヘアマニキュア

  • 頭皮や髪への負担が小さい、低刺激の白髪染め。
  • パッチテストもほとんどの場合不要。
  • 1度の使用で染まるが、色持ちは長くても1ヶ月前後。汗をかいたり、雨にぬれたりすると、せっかく染めた色が落ちてしまうことも。

以上が大まかな白髪染めの種類です。ヘアカラーは、染めた色を長持ちさせたい人に。ヘアマニキュアは、初めて白髪染めをしたり、短期間だけ白髪を目立たなくさせたい人におすすめの方法と言えるでしょう。

最近は、手間がなく、頭皮や髪への負担を抑えて白髪染めができるへカラートリートメントも人気です。髪を傷めず、ナチュラルに染めていきたい人には、こちらがイチオシの方法と言えるでしょう。

市販品を使った白髪染めと美容院で受ける白髪染めの違い

それでは、市販品を使った白髪染めと美容院で受ける白髪染めの違いについて解説します。

美容院で白髪染めを受けるメリットは、ムラがなく、しっかり染まること。また、頭皮環境や髪質に合ったカラーリング剤を選んでもらえるので、市販のヘアカラーを使うより髪への負担が小さいことが挙げられます。

デメリットは、予約や外出などの手間がかかること。費用がそれなりに掛かってしまうことなど。また、美容師さんの技術によって仕上がりに差が出る、というのも考えられるでしょう。

一方、市販品による白髪染めのメリットは、費用が安く、手軽にできること。ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアを使えば、頭皮や髪への負担を抑えられることなどが挙げられます。

デメリットは、塗りムラができてしまう恐れがあること、ヘアカラーやヘアマニキュアを使う場合、部屋や服を汚してしまうリスクがあることなどが考えられます。

市販品を選ぶか美容院を選ぶかは、髪の状態や白髪染めの目的などによって違ってくるでしょう。

しかし多くの場合、白髪染めは習慣的に行うものです。まずは低コストでリスクの小さい方法を試し、それが合わなければ次へ、というように、段階的に染める力が強い方法へステップアップされていくことをおすすめします。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?