よく染まる白髪染めはどれ?ヘアカラー徹底分析ラボ
サイトマップ
HOME » こんな場合はどうする?白髪染めの選び方Q&A » 白髪染めってパッチテストは絶対必要?不要?

白髪染めってパッチテストは絶対必要?不要?

白髪染めに付きまとう不安の1つに、カラーリング剤で頭皮が荒れてしまわないか、というものがあります。

ここでは、白髪染めを試す前にパッチテストが必要かどうかや、カラーリング剤がお肌に与えるダメージについて、まとめてみました。

お肌が弱いならパッチテストをやるべき

ヘアカラータイプやヘアマニキュアタイプ、トリートメントタイプなど、白髪染めにはいくつかの種類があります。

しかしどの白髪染めを試すにしても、お肌が敏感、という自覚があるのなら、パッチテストをした方が無難です。

化粧品の注意書きなどでもよく見られますが、もしそのアイテムに含まれている成分にアレルギーがあると、お肌が荒れてしまうリスクがあるからです。

また、薬剤に含まれているアルカリ剤(皮脂など酸性の汚れを落とす成分)の刺激によって、お肌が影響を受けてしまう、といった可能性もあります。

どんなに知名度の高いメーカーが販売しているものであっても、100%安全だとは言い切れません。ひどい副作用に悩まされる、というケースはほとんどありませんが、万が一にも使用後に後悔しないよう、パッチテストは試しておいた方がよいでしょう。

パッチテストのやり方について

パッチテストにはいくつかやり方がありますが、もっとも簡単なのは、テスト液を作って腕の皮ふで様子を見る、というものです。

以下に、かんたんなパッチテストの流れをまとめてみます。

テスト液を作る

じっさいに使うのと同じカラーリング剤を少しだけ作ります。混ぜる薬剤の割り合いを間違えると、正しい反応が確かめられませんので、注意してください。たいていの商品には、パッチテストのやり方についての説明書きが付属しているので、それを見ながら作業するとよいでしょう。

二の腕の内側に塗る

付属のスパチュラなどを使い、薬剤を二の腕の内側のやわらかい部分に薄く伸ばしてください。伸ばしたら、放置して乾燥させます。もし数分で乾かないようなら、軽く拭いてしまって大丈夫です。ただし、薬液を全部拭い去ってしまったり、お風呂のときに洗い流してしまったりしないよう、注意してください。少なくとも48時間は様子を見る必要があります。

30分後に1度お肌の状態をチェックする

アレルギーには短期間で出るものと、24時間以降に出るものがあります。塗ってから30分経ったら、1度お肌の様子をチェックし、短期間のアレルギー反応が出ていないかどうかを確認します。何もなければ、薬剤を塗った部分に注意しながら、そのまま2日ほど様子を見ていきます。

2日経って問題がなければ大丈夫

パッチテストを開始してから2日ほど大きな変化が見られなければ、そのアイテムにアレルギー反応はないと考えてよいでしょう。もし何らかの異常が見られた場合は、使うのを中止し、今後もそのアイテムと同じ成分を含む商品には注意するようにしてください。

ダメージを抑えたいならヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染めにはいくつか種類がありますが、髪や皮膚へのダメージを抑えたいなら、トリートメントタイプのものがおすすめです。

髪や頭皮へのやさしさに配慮されている、というのはもちろんですが、公式ページなどでも、じっさいに使っている人のパッチテスト結果を公開しているケースが少なくないからです。

また、「トリートメント」と銘打っているだけあって、各メーカーとも、低刺激で染まりやすい商品の開発にしのぎを削っています。

髪や頭皮へのダメージを抑えながら白髪染めをしたい、という人は、ぜひヘアカラートリートメントを検討してみて下さい。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2017年8月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。