HOME » こんな場合はどうする?白髪染めの選び方Q&A » 髪染めってどれくらいの期間保存・保管できるの?

髪染めってどれくらいの期間保存・保管できるの?

白髪染め用のヘアカラートリートメントは、低刺激で使い勝手のいいアイテムとして知られています。しかし、その効果は知っていても、使用期限や保管方法について具体的に把握している人は多くないのではないでしょうか。

ここでは、白髪染めの使用期限や保管するうえで気を付けておきたいポイントをまとめてみました。

白髪染め(トリートメントタイプ)の使用期限

一般的にトリートメントタイプの白髪染めは、未使用の場合なら3年間は保存することができます。

ただし、3年以上放っておくと、少しずつ成分が劣化してしまい、白髪染めの効果が薄れていきます。買い溜めを考えるときは、白髪染めのサイクルをしっかり逆算したうえで、必要十分な本数をストックするとよいでしょう。

ちなみに、開封してしまった場合の使用期限は、6ヶ月前後とされています。

もちろんこれは、しっかり封をして保存をした場合の期間。空気に触れさせてしまうなど、雑な保管をしていると、商品自体が使えなくなってしまう可能性もありますので、注意してください。

無添加のものは劣化しやすい

多くのトリートメントには、安息香酸ナトリウムやクロルヘキジンなど、成分の劣化を防ぐための成分が入っています。

しかし頭皮や髪へのダメージを軽くするために、こうした成分を配合せず、自然由来の成分を配合している白髪染めも少なくありません。そういった無添加のアイテムは劣化しやすく、使用期限も短めとなっています。

もし、そうした自然派の白髪染めを使っている場合は、長期間の保存はせず、なるべく早めに使い切ってしまうことをおすすめします。

保存しておく場所について

トリートメントタイプの白髪染めを、お風呂に置きっぱなしにしているケースがよく見られます。

数ヶ月のうちに使い切ってしまうならほとんど問題はないのですが、少しでも成分の質を長く保ちたいなら、温度変化が激しく、湿度も高いお風呂に保存するのはやめたほうがよいでしょう。

少し手間ですが、例えば洗面台のラックなど、浴室以外の場所にしまって、使うときに持ち出すようにすれば、白髪染めの寿命を延ばすことができます。

ちょっとしたことですが、浴室に放っておいたせいで、雑菌やカビに汚染されてしまう可能性もゼロではありません。衛生面を考えても、保管場所にはじゅうぶん注意した方が無難でしょう。

番外・ヘアカラータイプの白髪染めの使用期限

刺激は強いものの、そのぶん染める力も強力なヘアカラータイプの白髪染め。その使用期限は、未開封の場合はトリートメントタイプと同じく3年前後とされています。

開封後の使用期限については、3ヶ月前後と少し短め。この時点で薬剤が変色してしまっているケースがありますが、チューブのキャップをしっかり締めてあるなら、仕上がり具合に大きな違いは出ないはずです。

ちなみに、ヘアカラーの混合液は、保存することができません。余ってしまったら、速やかに下水に流してください。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?