よく染まる白髪染めはどれ?ヘアカラー徹底分析ラボ
サイトマップ
HOME » こんな場合はどうする?白髪染めの選び方Q&A » 早染めタイプの白髪染めを使うと、髪の傷みが激しくなったりしませんか?

早染めタイプの白髪染めを使うと、髪の傷みが激しくなったりしませんか?

確かに早く染まるのだろうけど、そのぶん、髪の毛のへのダメージも気になるのが早染めタイプの白髪染め。いくら早く染まっても、髪が傷むのは本望ではないでしょう。
では、本当に早染めの白髪染めは髪が傷むのか。また、傷むのであればどの程度傷んでしまうのかについて見ていきましょう。

早染め=強力な薬剤

白髪染めには実にさまざまな種類のものが市販されています。そのなかでも、混合液を配合している早染めタイプの白髪染めは、刺激の強い薬剤を使っているためダメージも相応のもの。通常の白髪染めと比べると、やはりダメージ・痛みは激しくなってしまいます。

髪質や白髪の状態は個人個人違いますから、一般の市販品では本当は時間をかけなければきれいには染まりません。

しかし、それでも強制的に短時間で染めようとすれば、ダメージ覚悟で強力な薬剤の使用は避けては通れないのです。

白髪染めに限らずヘアカラーは、使用薬剤の種類とその量、染色の放置時間、放置時の温度管理の3つで染まり方が決まります。

この3つの最適な条件をそろえることで、早く、きれいに、ムラなく染めることができるのです。美容室で美容師さんが1人ひとりの髪質などに応じて、薬剤や放置時間を調整しているのはそのためです。

ですが、放置時間や温度はなんとかできても、肝要の薬剤にかんしては現実的にわたしたちが個人レベルでできることはありません。

髪をいたわるならヘアカラートリートメント

早染めの白髪染めを使う場合、髪の毛が傷みやすい、お肌・頭皮が弱い、という方は特に慎重に判断する必要があります。

早染めでなくても、刺激の強い薬剤を使用しているものは要注意です。
「頭皮のトラブルなどで白髪が増えたり抜け毛が増えてしまっては困るし、だからといって白髪染めをあきらめるのは時期尚早…」そんな方にぜひ試していただきたいのが、ヘアカラートリートメントです。

即効性では早染めには太刀打ちできないものの、トリートメント成分などを配合しているものであれば、髪・頭皮をケアしながらゆるやかに白髪を染めることができます。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2017年8月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。