HOME » こんな場合はどうする?白髪染めの選び方Q&A » アレルギー反応は出ないの?

アレルギー反応は出ないの?

薬局などで売られていたり、ネットが普及するなどして手軽に購入できる白髪染め。しかし、一般的な白髪染めに含まれている成分には、使用前には想像もしないようなアレルギー症状を引き起こす危険性があることをご存知ですか?

意外と知られていない白髪染めに含まれている危険な成分や、アレルギー症状の種類、安全な白髪染めとはどういったものなのか詳しく調べてみました。

知っておきたい白髪染めのアレルギー

一般的に販売されている白髪染めには、パラフェニレンジアミン(PPD)が含まれています。聞き慣れない人もいるかもしれませんが、実はこれ、有害の化学物質で刺激の強い染毛剤なのです。

アレルギー症状の表れ方は、その人の体質や使用時の体調によっても異なります。どのような症状が表れるのか、レベルに分けてまとめてみました。

軽度 白髪を染めている最中、頭皮がピリピリと痛んだり、皮膚が一時的に炎症を起こす。
中度 かぶれや湿疹、酷いじんましん、腫れ・むくみといった症状。
重度 発ガンや喘息、呼吸困難、意識障害などといった症状が表れ、最悪の場合アナフィラキシーショックが起こり、死に至ることもある。

症状が出たら皮膚科を受診すること

白髪染めに潜むアレルギーとはアレルギーは、一度症状が出てしまうと、基本的にはずっと反応が起こります。軽度ですぐに症状がおさまる時は緊急性は高くありませんが、中度の症状が出てきたら、すぐに皮膚科を受診してください。

最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまうことがあります。パラフェニレンジアミンが使われた染毛剤で何度も白髪染めをしていると、突然命を奪われることになりかねません…。怖いのは、アレルギーは誰にでもなる可能性があり、それがいつ出てくるか分からないことです。使用前にパラフェニレンジアミンが使われているかどうかを確かめたり、パッチテストを行うようにしましょう。

安心安全な白髪染めを使うのが一番のアレルギー対策

「アレルギーの心配がない、安心安全な白髪染めなんてあるの?」と不安に思われる人もいると思いますが、ご安心ください。パラフェニレンジアミンが使われていないことはもちろん、刺激が少なく髪や肌に優しい…という夢のような白髪染めが存在するのです。ランキングでオススメの白髪染めを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

このサイトは、個人が収集・調査した情報を元に制作しています。掲載されているデータなどは2015年4月現在のものです。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

白髪染めトリートメント おすすめランキング

実験で実証!白髪染めの実力は?